06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
イベント
2017年12月10日(日)9:00

入園者数50万人突破へ/宮古島海中公園

きょう達成セレモニー


関東からの観光客らが観察を楽しんだ=9日、海中観察施設

関東からの観光客らが観察を楽しんだ=9日、海中観察施設

 宮古島海中公園(運営・宮古島海業管理センター)内の海中観察施設の入園者数がきょう10日、50万人を突破する見込みとなった。来場50万人を記念して同日午後2時から、同公園で50万人達成のセレモニーが行われる予定。



 同セレモニーでは、50万人目の入園者を記念してくす玉と花束で迎え、宮古-那覇間の往復航空券や宮古島産の活きクルマエビなどが贈られる。


 海業管理センターの豊見山健児社長は「観光施設として7年目で50万人を超えることができるのは非常にうれしい。市や観光客に感謝したい。予想以上だ」と話し「今後、同公園の周辺施設整備も進めていきたい」と述べた。


 2016年度は、台風による閉園も1日だけで、クルーズ船の寄港回数の増加や航空路線の増便などにより、同施設への入場者数は9万8440人と飛躍的な伸びを示し、11年度に開園して以来の累計入園者数は同年度末までで42万7227人となった。


 宮古島海中公園建設の事業費は約9億円。海中観察施設は横幅約29・6㍍奥行き約5㍍のトンネル型で、壁に設置された24個の観察窓から、さまざまな海の生き物を観察できる。


 9日、茨城県から同施設を訪れていた60代の女性は「海面が目よりも上に見えるのは不思議な感じがする。でも、魚もカラフルだし、きれい」と観察を楽しんでいた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!