07/16
2024
Tue
旧暦:6月10日 先負 庚 
教育・文化
2017年12月19日(火)8:55

琉球フロッグスが発表会/米国シリコンバレーに派遣

宮古からも3人が参加


Ryukyufrogsの発表会に参加した(右から)田村さん、加持さん、鶴町さん。左端は応援に駆け付けたリアルまもる君=17日、西原町

Ryukyufrogsの発表会に参加した(右から)田村さん、加持さん、鶴町さん。左端は応援に駆け付けたリアルまもる君=17日、西原町

 【那覇支社】県内の学生から次世代のビジネスリーダーを発掘・育成するプロジェクト「Ryukyufrogs(琉球フロッグス)」の9期選抜メンバー7人による成果発表会が17日、西原町で開催された。宮古から選ばれた鶴町理乃さん(宮高1年)、加持恵達さん(平良中3年)、田村歩葉さん(宮高3年)も参加した。

 このプロジェクトは、県内の中学生以上の学生が対象で、今回は昨年から参加が可能となった宮古・八重山を含めた応募78人から7人が米国シリコンバレーへ研修のため派遣された。期間は8月の約10日間で、ベンチャー企業などを訪問した。

 メンバーは、帰国後も約半年間に渡って断続的に合宿などを行い、各々が社会的な影響を持つ企画を考案した。

 発表会では、鶴町さんらは「内気な父親が気持ちを伝えるサービス」、加持さんらは「車いす利用者が街にどのような障害があるかを自ら発信するツール」について発表し、高い評価を受けていた。

 発表後、鶴町さんは「自分の父がすごく照れ屋なので、このサービスを考えました。企画を練り上げるのは、結構大変でした」と語った。

 また、加持さんは「両親が介護に係わっていて、街の障害で(車いす利用者が)楽しめないことを見てきたので、このツールを考える企画に参加しました」と述べた。

 田村さんは、シリコンバレーについて「知ることに限界はないんだなと感じました。(今後は)自分が興味を持ったことに積極的に挑戦し、自分の世界を広げていきたい」と感想を語った。

 会場には、リアルまもる君も駆け付け、Ryukyufrogsの活動への募金を呼び掛けていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!