06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
政治・行政
2018年2月9日(金)8:57

市の起債が限度額に/合併特例債

フル活用で大型事業実現


関連表

関連表

 宮古島市が発行する合併特例債が、限度額の210億円超に達する。発行期限は5年間延長される見通しだが、限度額に近い市の新たな起債は難しい。発行期限の延長は自民党の総務部会が了承しており、今の通常国会で審議される。


 合併特例債は、2005年度までに合併した市町村が発行できる財政上の優遇措置。合併で必要となる新しい庁舎や道路などの整備に充てられる。事業費の95%に充当できるほか、返済額の7割は国が地方交付税で負担する仕組みだ。

 市はこの特例債をフルに活用した。現行発行期限の2020年度までに起債しようと大型プロジェクトに次々と着手。ごみ処理施設をはじめ、教育施設、葬祭場、し尿処理施設、保育所整備等に充当させた。未来創造センターや総合庁舎建設でも活用している。

 最も大きい借入額は総合庁舎建設事業の58億3700万円。未来創造センターでは48億円を起債する。ごみ処理施設においても43億円を借り入れている。
 ここまでの借入額の合計は214億円で、市町村規模等に応じて決まる発行限度額の216億7000万円に迫っている。発行可能額として2億5000万円残されているが、事業費の変動等を見越すと今後の起債は難しくなる。

 こういった市の起債事情の中、発行期限の5年延長が国会で審議される。実現すれば東日本大震災の被災地で合併後25年間、他の地域では年間にわたり特例債の発行が可能になる。

 発行限度額に達する宮古島市は延長の恩恵を得られないが、結果的に大型事業を具現化しており、合併で得た優遇措置を最大限生かした格好だ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!