07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
政治・行政 産業・経済
2018年2月15日(木)8:57

ヤギ組合設立へ/家保と市が説明会

生産振興向け来月始動


ヤギの生産流通組合発足に向けて規約等を確認する参加者=14日、市役所上野庁舎

ヤギの生産流通組合発足に向けて規約等を確認する参加者=14日、市役所上野庁舎

 宮古島市でヤギの生産振興に向けての動きが本格化する。組合の設立に向けての説明会が14日、市役所上野庁舎であり、ヤギ生産に関心を持つ市民が組合規約等を確認した。3月にも設立し、宮古島産ヤギの生産流通体制の構築を図る。

 かつて宮古島のヤギ生産は盛んだった。1981年当時の飼養農家戸数は約1000戸、計3000頭ほどを飼育していた。

 だが、県全体の傾向と同様その後は減少の一途。2016年度末の農家戸数は約90戸、飼養頭数は1000頭未満となっている。

 先細りを続ける生産基盤だが、近年はヤギ肉の国内消費が伸びている。県内の競り値も上昇しており、県によると成体の平均キロ単価は1000円以上の高値で推移している。高まる需要を背景に、県は6年前にヤギを畜産の振興品目に掲げた。この動きと連動して県内各地でヤギ組合が発足。生産基盤の強化が進んでいる。

 宮古島市での組合設立もこの動きに沿うもの。生産流通体制の構築を図るとともに、さまざまな情報交換を通して持続可能なヤギ生産の振興を目指す。県の助成事業の受け皿としての機能を果たすこともできる。

 県宮古家畜保健衛生所と市が開いた説明会では、ヤギ生産の現状や組合設立までの流れを確認した。

 規約の目的には、出荷頭数の増加及び地産地消による収益性の向上を明記。組合員資格は▽ヤギを飼育する者▽市に事務所を有する畜産関係機関・団体▽その他組合の趣旨・目的に賛同する者-などとした。

 説明会で県宮古家畜保健衛生所の仲村敏所長は「知恵を出し合えば、可能性が広がる」と宮古島産ヤギに期待。「組合を設立して計画を立てる。その上で宮古島のヤギを内外にPRしていきたい」と話した。

 問い合わせは市畜産課(76・2246)、または宮古家畜保健衛生所(72・3321)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!