06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
社会・全般
2018年2月17日(土)8:55

那覇地検が控訴断念/傷害事件の女性無罪確定

 2016年、知人の女性を角材で殴りけがを負わせたとして、傷害罪に問われ、那覇地方裁判所平良支部で無罪とされた40代の女性=宮古島市=について、那覇地方検察庁は期限の日までに控訴の断念を決めた。女性の無罪が確定した。

 那覇地裁平良支部は2日の判決で、暴行を受けたとされる女性の供述には、暴行された現場の状況と合致しないという不合理な点があり、裏付けに乏しく内容も不自然だと指摘した上で「その信用性を肯定することができない」として無罪を言い渡した。

 女性は、16年11月16日午後5時50分ごろから同7時10分ごろまでの間に、宮古島市内の自宅で、知人の女性(当時43)の尻を角材で殴打する暴行を加え、臀部(でんぶ)打撲や臀部皮下出血など約1カ月の治療を要するけがを負わせたとされる傷害容疑で同年11月24日に逮捕され、12月15日に起訴された。

 女性は逮捕後、一貫して無罪を主張。裁判では、目撃者がいないことから、暴行を受けたとされる女性の供述の信用性が争点となった。

 女性は16日、宮古毎日新聞の取材に「最初から無罪だと訴えても聞き入れてもらえなかった。真実を追求する気がなく、私を有罪にするために動いていたとしか考えられない」と話した。その上で「逮捕、起訴されて、私たち家族の平穏な日々が崩壊した。捜査機関に誠実に謝ってほしい」と語った。

 代理人の仲松正人弁護士は「事件の内容からみれば当然。捜査機関にはいろいろな角度から慎重に調べてほしかった。つらいこともあるだろうが、それに負けないで頑張ってほしい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!