06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
産業・経済
2018年2月21日(水)8:57

「社員一丸、気持ち新たに」/大米建設宮古本店落成式

多くの関係者が集い、大米建設のさらなる発展と飛躍に期待を寄せた新社屋および生コンプラント落成式=20日、大米建設宮古本店

多くの関係者が集い、大米建設のさらなる発展と飛躍に期待を寄せた新社屋および生コンプラント落成式=20日、大米建設宮古本店

 大米建設宮古本店新社屋および生コンプラント落成式が20日、平良字荷川取の同社新社屋で行われた。式には下地敏彦市長や国場組の国場幸一会長、琉球銀行の大城勇夫相談役のほか、地元建設業界の代表らが詰め掛け、新社屋と同プラントのしゅん工を祝うとともに、同社のさらなる発展に期待を寄せた。

 大米建設の仲本靖彦社長が開会のあいさつを行い、主催者あいさつでは下地米蔵会長が、父・米一氏が同社を創業し、これまで発展してきた歴史を振り返った。

 下地会長は「多くの支えのおかげでこの日を迎えられた。本日を一つの節目として気持ちを新たに社員一丸となってより一層努力を重ね社業に励みたい」と決意を示した。

 来賓祝辞で大城相談役は、同社が厳しい時代を一緒に乗り越えてきた歴史を振り返りながら「琉球銀行としても個人としてもこの日を迎えたことをうれしく思う。これからも同社がさらに発展することを願っている」とあいさつした。

 そのほか、国場会長も宮古島の振興発展のために同社のさらなる飛躍を呼び掛けた。

 乾杯のあいさつでは下地市長が「大米は沖縄で一流企業となり、沖縄の建設業界を束ねる大きな会社になった。宮古圏域にとっても大きな誇り。さらなる発展を願っている」と述べた。

 式では、荷川取自治会による荷川取のクイチャーなども披露され、新社屋の落成を盛大に祝った。

 新本店事務所棟が2階建てで延べ面積が1289・70平方㍍で建築面積は988・0平方㍍。

 生コン事務所棟は、延べ面積253・56平方㍍で建築面積は269・04平方㍍。そのほか、車輌整備棟、電気機械棟、集積場を含めた全体の延べ面積は2103・23平方㍍で、建築面積は1845・94平方㍍となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!