08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2018年3月29日(木)8:56

交通事故に気を付けて

新入生にマスコット寄贈/交通安全母の会


交通安全マスコットを贈る島尻清子支部長(中央右)と本永安子副支部長(右)、砂川勝美副支部長(左)。中央左は宮國博教育長=28日、市役所城辺庁舎

交通安全マスコットを贈る島尻清子支部長(中央右)と本永安子副支部長(右)、砂川勝美副支部長(左)。中央左は宮國博教育長=28日、市役所城辺庁舎

 県交通安全連絡協議会母の会宮古支部(島尻清子支部長)は28日、宮古島市教育委員会に宮國博教育長を訪ね、交通安全マスコットを贈った。宮古地区の小学校に入学する児童へのプレゼント。島尻支部長は「交通事故に気を付けて頑張ってほしい」と話し、健やかな成長に期待を込めた。

 母の会宮古支部の発足は今から20年前のこと。マスコットは、構成メンバーである婦人会の皆さんによる手作りで、今年で16回目のプレゼントになる。

 平和の象徴とされるフクロウをかたどった愛らしいマスコットで、今年は670個を制作した。新入学の児童のほかに、特別支援学校と来間小、池間小、福嶺小の全児童に贈るという。

 マスコットの贈呈には島尻支部長と副支部長の本永安子さん、砂川勝美さんが訪れた。島尻支部長は「各学区の婦人の皆さんが全部手作りした。交通事故に気を付けてという願いが込められている」と話し、安全な登下校を呼び掛けた。

 宮國教育長は「入学する子供たちは、皆さんの思いを胸に9年間の義務教育に入る。しっかり過ごしてくれると思う」と感謝した。

 マスコットは、各学区の婦人会を通して新入学の全児童に配布される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!