07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
イベント
2018年4月3日(火)8:58

夏到来 初泳ぎ/第40回宮古島の海びらき

前浜で子供たち歓声


合図と共に一斉に海に入る子どもたち=1日、与那覇前浜ビーチ

合図と共に一斉に海に入る子どもたち=1日、与那覇前浜ビーチ

 宮古島の初夏の到来を告げる、2018年「海族(かいぞく)まつり・第40回サンゴの楽園未来まで 集まれ! 遊ぼう! 宮古島の海びらき」(主催・宮古島観光協会)が1日、与那覇前浜ビーチで開催された。東洋一といわれる白砂の浜には、市民や観光客ら約2500人(主催者発表)が訪れ、宮古島の青い空と海を満喫した。

 第44代ミス宮古島3人と同協会青年部の山本ゆかり部長が、高らかに海びらきを宣言。宮古島観光協会の豊見山健児会長、下地敏彦市長ら関係者がテープカットで本格的な夏の到来を告げた。

 豊見山会長は「この海びらきを通して、自然の恵みに感謝しながら宮古島の誇れる美しい海、ビーチを広く国内外にPRしていきたい」とあいさつした。

 家族3人で訪れ初泳ぎを楽しんだ川満吉幸さんは「まだ水が冷たくて、とても体まで浸かることはできなかった」と話した。娘の苺穂(まお)ちゃん(5)は「海は冷たかったけれど楽しかった」と、初泳ぎ証と一緒にもらった飴を手に笑顔だった。

 初泳ぎの後は、宝探し、ビーチ相撲、ビーチフラッグ競争など多彩なプログラムが行われた。

 会場に設置された約20×25㍍の特設プールでは、参加した子どもたちが水遊びを楽しんでいた。

 海びらきは今年度の海にかかわるイベントを総称しての海族祭りのスタート。海族祭りの約8カ月におよぶ期間中、宮古島で行われる全てのイベントが該当する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!