06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2018年4月6日(金)8:58

宮糖城辺11万2000㌧/サトウキビ

今期搬入終了、糖度は13・65度


今期の原料搬入を終えた宮古製糖城辺工場。11万2157㌧を受け入れた=5日、城辺砂川

今期の原料搬入を終えた宮古製糖城辺工場。11万2157㌧を受け入れた=5日、城辺砂川

 宮古製糖城辺工場は5日午後、2017-18年産サトウキビ(原料)の搬入を終えた。107日で11万2157㌧を受け入れた。大豊作の前期と比べると約4万㌧の減産だが、平年並みの搬入量になる。平均の糖度は13・65度だった。

 今期操業は昨年12月20日に始めた。当初は約12万5000㌧の搬入を見込んでいたが、その後の残量調査で下方修正。最終的に11万㌧台の搬入になった。

 品質は出だしが12度台と低かったが、結果として基準の糖度(13・1~14・3度)帯には達した。糖度区分別構成比をみると基準糖度帯の原料が41・76%、基準以上が27・7%、基準以下は30・55%だった。

 1㌧当たりの農家平均手取額は、国の交付金を含めて2万1700円。

 今期のサトウキビは、生育初期の病害虫被害をはじめ干ばつ、台風といった自然災害を受けたが、平年並みの生産量を確保した。ただ、品質は伸び悩み、前期比で1度程度低くなる。

 宮古地区内製糖工場の今後の日程は、宮糖多良間工場が6日、沖縄製糖宮古工場は順調にいけば7日にも搬入を終える。宮糖伊良部工場は早ければ今月中旬の終了を予定している。

 今期の地区全体のサトウキビ生産量は、32万㌧台になる見通しだ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!