06/24
2022
Fri
旧暦:5月26日 赤口 戊 
産業・経済
2018年4月8日(日)8:57

泡盛出荷量、前年比5・3%減/13年連続のマイナス

2017年の泡盛出荷量を発表する県酒造組合の(右から)玉那覇美佐子会長、土屋信賢専務理事=6日、那覇市の県酒造組合

2017年の泡盛出荷量を発表する県酒造組合の(右から)玉那覇美佐子会長、土屋信賢専務理事=6日、那覇市の県酒造組合

 【那覇支社】県酒造組合(玉那覇美佐子会長)は6日、2017年の泡盛総出荷量(アルコール度数度換算)を発表した。総出荷量は前年比5・3%減の1万7709㌔㍑となり、3年連続で2万㌔㍑を割った。ピーク時の04年(総出荷量2万7688㌔㍑)から13年連続のマイナスで、出荷量減少に歯止めがかからない状況が続いている。

 出荷先の内訳は、県内出荷量が同6・0%減の1万4956㌔㍑、県外は同1・0%減の2753㌔㍑となったほか、海外は同8㌔㍑減の29㌔㍑だった。

 県内の全酒造所の売上高合計は、2016事業年度で153億200万円(対前事業年度比5・1%減)となる一方、営業利益率は対前事業年度比1・2ポイント増の2・3%となった。

 出荷量が減少していることについて同組合は、度数の低い泡盛が好まれる傾向があり、市場のニーズに対応した商品構成にシフトすると度換算では出荷量が減少することや、昨年6月の酒税法の一部改正を受け、各酒造所が薄利多売から経営を転換したことなどを挙げた。 

 ただ、玉那覇会長は会見で「県内、県外ともに減少した。その点については重く受け止めている」と話した。

 土屋信賢専務理事は「若者のアルコール離れや健康志向による飲酒人口の減少などの背景もある」とした上で、「14、15日に沖縄セルラースタジアム那覇で開催する『第1回島酒フェスタ』では、女性や若者に泡盛の魅力をPRしていきたい」と意気込みを語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!