07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
スポーツ
2018年4月10日(火)8:55

大吾を応援しよう/15日にボクシング世界戦

後援会宮古支部がアピール


比嘉の防衛戦をPRする(左から)本村夏樹さん、本村繁信さん、下地市長、川満養人さん、狩俣裕紀さん=9日、市役所平良庁舎

比嘉の防衛戦をPRする(左から)本村夏樹さん、本村繁信さん、下地市長、川満養人さん、狩俣裕紀さん=9日、市役所平良庁舎

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(宮古工業卒、白井・具志堅スポーツ)の防衛戦が15日夜、横浜アリーナで行われる。沖縄後援会宮古支部長の本村繁信さんらが9日午後、下地敏彦市長を表敬訪問して防衛戦をアピールした。

 比嘉の防衛戦は3度目になる。ニカラグアのクリストファー・ロサレスの挑戦を受け、日本選手単独最多記録となる16試合連続KO勝利を懸ける。

 市長表敬には後援会宮古支部のメンバーほか、15日の午後7時からパブリックビューイングを行う「島の駅みやこ」の狩俣裕紀さんらが訪れた。

 同支部の川満養人さんは「連続KOの日本記録が懸かる防衛戦で、新しい歴史の1ページをつくってくれると信じている。地元でも盛り上げていきたい」と話して市の協力を求めた。

 下地市長は「宮古島が育てた比嘉さんは沖縄県全体の誇り。KO日本記録を大いに期待している。みんなで応援しよう」と応えた。

 15日のタイトルマッチはテレビ中継がある。この日は比嘉をはじめWBAミドル級王者の村田諒太、WBCライトフライ級王者の拳四朗の防衛戦と併せてトリプル世界戦が行われる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!