07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2018年4月12日(木)8:57

再発防止でアピール文/県立学校校長会など

女子高生2人死傷事故受け


交通事故の再発防止についての緊急アピール文を発表する宮古地区県立学校PTA連合会など3団体のメンバー=11日、宮古工業高

交通事故の再発防止についての緊急アピール文を発表する宮古地区県立学校PTA連合会など3団体のメンバー=11日、宮古工業高

 宮古地区県立学校PTA連合会(荷川取忠司会長)、宮古地区県立学校校長会(金城透会長)、宮古地区高等学校生徒指導連絡協議会(大宮廣子会長)は11日、「高校生の交通事故再発防止について」と題した緊急アピール文を発表した。アピール文は高校生と保護者、地域の人たちに向けたもので、不必要なバイク・車両の免許取得はしないことや、家庭における車両の鍵の管理徹底などを呼び掛けている。

 3月29日に平良西仲宗根の市道で、女子高生2人が乗ったオートバイが道路脇の街路樹に衝突し、2人が死傷した事故を受け発表した。

 高校生には▽交通ルールやマナーの順守▽安易にバイクの貸し借りをしない▽安易にバイクの二人乗りをしない、させない▽交通三悪(無免許運転、飲酒運転、スピード違反)・暴走行為は絶対にしない-などの5項目で、各学校とも始業式に全校生徒に伝えたという。

 また、保護者や地域の人たちには文書で、遊び目的など不必要な免許の取得をさせないことや車両を持つことによる加害者、被害者になるリスクを話し合うことなどを訴えたという。

 アピール文の発表は宮古工業高で行われた。4高校の校長が出席し、宮古地区県立学校PTA連合会の荷川取会長がアピール文を読み上げた。

 各校長によると、バイク通学は原則禁止。免許の取得については、家庭の事情でアルバイトをしなければならない場合などには届け出が必要となっている。

 ただ、届け出ない生徒もいるとみられ、各学校とも免許取得者の実数は把握していないという。

 出席した校長は「交通事故の再発防止は学校だけでなく家庭や地域の協力が必要」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!