07/15
2024
Mon
旧暦:6月10日 先負 庚 
環境・エコ
2018年5月25日(金)8:56

サガリバナ230本植樹

ヤーバルやすらぎの森/宮古環境クラブ


サガリバナの苗木を植樹する参加者=24日、ヤーバルやすらぎの森

サガリバナの苗木を植樹する参加者=24日、ヤーバルやすらぎの森

 宮古環境クラブ(下地邦輝会長)は24日、下地のヤーバルやすらぎの森にサガリバナの苗を遊歩道沿いに120本、池の周りに110本の合わせて230本を植樹した。2018年度一般社団法人沖縄しまたて協会の助成を受け実施した。植樹には宮古森林組合の職員が協力した。

 植樹に先立ち下地会長は「ここには8年前に一度サガリバナが植樹されたが、ほとんどが枯れた。今回は再挑戦ということで改めて植樹し、環境クラブが水やりなどの管理をする。だいたい5年後には花が咲くと思う」とあいさつした。

 ヤーバルの森を管理する市みどり推進課の根間正三郎課長が「ここでサガリバナが開花し、皆さんに鑑賞してほしいとの思いがある。われわれも管理者と協力して、植樹をしよう」と参加者に呼び掛けた。

 下地会長は、添道のサガリバナがほぼ定着したことから、今回ヤーバルの森に植樹し、宮古島の原生林(植生)を学び、サガリバナ並木の生長を楽しみ、多様な生き物を観察できるという目的が達成できるとしている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!