07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2018年6月3日(日)8:58

下地さんの叙勲受章祝う/同期生ら一堂に、喜び共有

同期生たちから花束や記念品を贈られた下地さん(中央)=2日、市内レストラン

同期生たちから花束や記念品を贈られた下地さん(中央)=2日、市内レストラン

 2018年度春の叙勲で瑞宝双光章(看護業務功労)を受章した下地孝子さんの祝賀会(主催・西城中同期会)が2日、市内のレストランで行われた。下地さんの同期生や出身地の城辺長間などから大勢の関係者が出席し喜びを共有した。下地さんは「家族や周囲の人たちの支えがあったからこそ受章できた」と感謝の言葉を述べた。

 下地さんは宮古高校、県立コザ看護学校を卒業後、県立中部病院や宮古病院勤務を経て、琉大病院に採用された。看護師長、副看護部長を務め、17年に看護部長で退職するまで約30年間、医療現場で働いてきた。

 この日の祝賀会は、中学の同期生たちが「ぜひ、ふるさとの宮古で祝賀会を開催したい」と、沖縄本島に住んでいる下地さんに航空券を送り実現したという。

 下地さんはあいさつで「人生は選択の積み重ねである」との言葉を紹介し「看護師という職業を選択できたのは家族のおかげ」と話した。

 「定年退職したが体が元気なうちは働きたい」と下地さん。現在も宜野湾市の海邦病院で看護部長、副院長として患者と接しているという。

 祝賀会には下地敏彦市長も駆け付け。「同じ宮古島出身として喜びに堪えない。長年の功労と叙勲に輝いた功績に心からお祝い申し上げる」と祝辞を述べた。

 元市議会議長の下地明さんは「これからも豊富な経験を医療や福祉に生かしてほしい」と乾杯の音頭を取った。舞台では、同期生らが祝宴にふさわしい華やかな踊りを披露。幕間には「祝いのことば」で下地さんの受章をたたえた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!