02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
社会・全般
2018年6月15日(金)8:55

大雨や強風、高波の恐れ/16日に掛けて熱低接近

気象台が注意呼び掛け

 宮古島地方気象台は14日、熱帯低気圧に関する説明会を開催。台湾の東にある熱帯低気圧が先島方面に接近する可能性があることから、15日から16日に掛けて激しい雨や強風、うねりを伴った高波などに注意するよう呼び掛けた。

 熱帯低気圧は14日午後3時現在、東シナ海の台湾西側に位置し、時速15㌔の速さで東北東へ進んでいる。中心気圧は994ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は15㍍、最大瞬間風速は23㍍。今後、台風になる可能性もある。

 15日には台湾を通過し、同午後3時には石垣島の西約60㌔に達する見込みで、中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18㍍、最大瞬間風速は25㍍になると予報されている。

 説明会で気象台の職員は、熱帯低気圧接近の影響で宮古島地方では15日から雷を伴う非常に激しい雨が降るところがあるほか、16日には非常に強い風が吹き、周辺海域は高波となる見込みであることを説明した。

 予想される雨量は、15日正午までの24時間に150㍉、16日正午までの24時間に100㍉から150㍉で、土砂災害や低い土地での浸水に注意が必要となると指摘する。

 15日には最大風速18㍍の強い風、16日には20㍍の非常に強い風が予想されるほか、16日に掛けて落雷や、竜巻などの激しい突風へも十分注意するよう呼び掛ける。

 沿岸の海域では14日からしけた状態となっていて、15、16日の波の高さは5㍍を予想。台風の進路によっては今後、大しけとなる恐れもある。また現在は大潮の時期で満潮時の潮位が高いことから、15日以降は満潮時を中心に浸水や冠水にも注意する必要があるとの考えを示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!