02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
産業・経済
2018年7月3日(火)9:00

26年ぶり最高路線価上昇/宮古地区18年

西里大通り6万9000円/下里通りは6万2000円


宮古地区の最高路線価となった西里大通り

宮古地区の最高路線価となった西里大通り

 【那覇支社】沖縄国税事務所は2日、2018年1月1日時点の県内路線価を発表した。宮古地区での最高値は、「平良字西里の西里大通り」の1平方㍍当たり6万9000円で前年比3・0%の上昇となった。宮古島税務署管内の路線価最高値が上昇するのは、26年ぶり。

 また、同日公表された国税庁のホームページによると、市場通りは6万3000円、下里通りは同6万2000円で、いず

沖縄国税事務所管内各税務署の最高路線価

沖縄国税事務所管内各税務署の最高路線価

れも前年から1・6%上昇した。

 このほか、宮古島市役所平良庁舎前の県道243号線は、前年比4・0%上昇の5万2000円、宮古郵便局前のまてぃだ通りは前年と同値の同3万5000円などとなっている。

 宮古島税務署管内の最高路線価は1992年~94年の23万5000円をピークに、95年から下落。2007、08年は横ばいとなったものの、リーマンショック後の09年から5年連続で下落し、その後は、ほぼ横ばいの状態が続いていた。

 県全体の最高路線価は、那覇市久茂地3丁目の「国際通り」の74万円(前年比10・4%上昇)。県内の最高路線価は、6年連続の上昇で、3年続けて上げ幅を拡大している。都道府県庁所在地別の最高路線価では、同地点は全国18位と、昨年から一つ順位を上げた。

 八重山地区の最高値は、石垣市字大川の「市役所通り」の同12万5000円で、前年比13・6%の上昇。名護地区の最高値は、名護市字為又の「名護バイパス」の同6万6000円で、同4・8%上昇だった。

 標準宅地の県内平均値は、前年比5・0%の上昇(昨年は同3・2%上昇)で、4年連続の伸び。上昇率は全国トップだった。

 宮古地区で西里通りが最高値となるのは、1999年から20年連続。

 路線価 主要道路に面した1平方㍍当たりの土地の1月1日時点における評価額。土地の相続や贈与を受けた人の税額を算出する基準となる。公示地価や売買実例価格、不動産鑑定士の評価などを参考に、公示地価の8割程度を目安として国税庁が算出する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!