02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
社会・全般
2018年7月6日(金)8:59

大雨で避難情報発令/宮古島市

全世帯対象は始めて/一部の住宅で床下浸水


50年に一度の記録的な大雨で冠水し、一部の住宅では床下浸水となった=5日、平良中正門前

50年に一度の記録的な大雨で冠水し、一部の住宅では床下浸水となった=5日、平良中正門前

 宮古島が半世紀に一度の記録的な大雨となった5日、市は午前11時5分に市内全域の2万5000世帯余に避難準備情報を出し、高齢者などに早めの避難を呼びかけた。市が開設した9カ所の避難所に避難した住民はおらず、午後3時以降は降水量が落ち着いたことから午後5時には平良と城辺庁舎、伊良部の前里添多目的施設以外の6カ所は閉鎖された。市防災危機管理課によると今回の豪雨による被害状況は午後6時現在で床下浸水3件で、道路冠水について調査中としている。

 午前11時ごろから激しさを増した雨の影響で、市内各地の道路で冠水し、途中でエンジンが止まり、立ち往生する車や通行をあきらめてUターンする車も見られ、城辺線などでは渋滞も発生した。

 また、平良中学校の正門前の道路が冠水。激しさを増す雨で正門周辺もどんどん冠水し、周辺住宅の一部で床下浸水となった。

 浸水の通報を受けた市消防本部の職員が現場に駆け付けて、住民から状況を確認した。

 住民らによると、午前10時ごろから冠水し始めて、1時間後には一気に水量が増えてピーク時には60㌢程度の高さまできたという。

 市内の道路が冠水し、車が立ち往生しているのを見ていた50代の男性は「何度も豪雨は経験したが、こんなのは初めてでびっくりしている。宮古に川があったらはんらんして大変になったと思う。川が無くて良かった」と話した。

 宮古島市が避難準備を発令するのは昨年9月の台風18号の時以来2度目。

 昨年は佐良浜地区が対象で、宮古全域に対する避難準備の発令は今回が初めてとなっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!