02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
イベント
2018年7月17日(火)8:59

綱引きで力勝負/サニツ浜カーニバル盛況

青空の下、干潟に歓声/下地与那覇湾


ぬかるんだ足場をものともせず全力で綱を引く選手たち=15日、与那覇サニツ浜

ぬかるんだ足場をものともせず全力で綱を引く選手たち=15日、与那覇サニツ浜

 干潟の祭典「第28回サニツ浜カーニバル」(主催・宮古島市など)が15日、下地の与那覇湾(通称サニツ浜)で開かれた。約700㌶の広大な干潟を舞台に、恒例の綱引きや宮古角力、10人11脚などの競技が行われ、家族連れや観光客らが青空の下で楽しい夏の一日を過ごした。

 開会式で垣花佑月さん(下地小6年)と川根一香さん(同)が「この広大な干潟、サニツ浜で楽しく安全に競い合うことを誓います」と力強く選手宣誓を行った

 恒例の浜競馬は開催されなかったものの綱引きや人間輓馬、水中駅伝、ビーチドッジボールなどの多彩な競技が行われ、会場には参加者たちの歓声と笑顔が広がった。

 サニツ浜ふれあい広場の土俵で行われた宮古角力は、今年も久米島から多くの選手が参加。レベルの高い取り組みで熱戦を繰り広げた。

 干潟競技は、水中駅伝で幕開け。男女が激しい水しぶきを上げて、力走する姿に会場から大きな拍手が送られた。

 男女の綱引きでは、大きな掛け声が響く中、白熱した試合が展開された。歯を食いしばって綱を引く参加者に「頑張れー」「負けるなー」の声援が会場に響いた。

 また、人間輓馬や10人11脚では、全員で息を合わせてゴールを目指すもレース途中で転んで、砂まみれになった選手たちが続出した。

 そのほかにも、宝探しや乗馬体験なども行われ、子供たちは干潟が育む生命の神秘と、身近な自然を大切にすることを学んだ。

 競技に先立ち行われた開会式では実行委員会長の下地敏彦市長(代読)が「ラムサール条約に登録されたこの広大な与那覇湾で各種競技を楽しみながら『干潟の祭典』を十分に満喫してほしい」とあいさつした。

 式では、アトラクションとして下地のクイチャー、与那覇のヨンシーなどが披露された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!