02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
教育・文化
2018年8月5日(日)9:00

小学生39人が参加/気象の仕組み学ぶ

気象台で「お天気フェア」


気象台職員が天気予報を分かりやすく説明したお天気フェア=4日、宮古島地方気象台

気象台職員が天気予報を分かりやすく説明したお天気フェア=4日、宮古島地方気象台

 宮古島地方気象台(松田博之台長)は4日、同気象台で「『お天気フェアin宮古島』~ぼくもわたしも予報官~」を開催した。夏休み中の小学生(4~6年)39人が参加。台風が発生する条件など気象の仕組みを学んだり、天気の予報や解説をする1日予報官の気分を味わったりした。


 このイベントは、気象台の業務を見学・体験することで、自然科学への好奇心を育み、防災意識の高揚を図ることを目的に実施された。

 子どもたちは、雲の発生や降雨のしくみ、竜巻や台風などが発生する気象現象、これらを予測する予報の概要、地震・津波を含めた自然災害から身を守る方法を学んだ。

 市エコアイランド推進課の友利沙綾さんは「太陽光や風力などのエネルギーは再生エネルギー。その再生エネルギーを取り入れれば、石油は使わなくてもいいし、二酸化炭素も出さない」と説明した。

 同気象台地震津波防災官の崎浜秀晴さんは、昨年1年間で沖縄付近で起きた地震は約1万7000回だったことを紹介し「緊急地震通報がある時は慌てずに身を守る。津波の場合は早く海岸から離れ、高い所や大きな建物の上へ避難すること」などと呼び掛けた。

 技官の松尾有希子さんは、雲の種類や雲のでき方などを分かりやすく教えた。

 参加した高良碧さん(6年)は「気象についてたくさん学んだ。とても良かった」と話した。

 参加した一人一人に、松田台長からそれぞれの誕生日の天気図が記念として贈られた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!