07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
イベント
2018年8月19日(日)8:56

神話や方言織り交ぜ/劇団かなやらび

「眠りの島」を上演


「眠りの島」のワンシーン=18日、マティダ市民劇場

「眠りの島」のワンシーン=18日、マティダ市民劇場

 宮古島の小学生から高校生までが所属している劇団かなやらびの夏公演「眠りの島」が18日、マティダ市民劇場で上演された。団員は本番に向け積み重ねてきた稽古の成果を発揮して、与えられた役を生き生きと演じた。同公演は19日午後3時からも行われる。

 同劇団はこれまで、「ミャークファンタジー」と題し「碧(アオ)の涙雨(ナダサメ)」と「クスムヌドゥムタ 心の蕾」の2作品を発表している。

 今回上演する「眠りの島」はその第3弾で、今公演に向け行ったオーディションで選抜された5人を含む25人の団員が出演している。

 「眠りの島」は、豊かさを求めすぎたため大地が枯れ果ててしまい、人間が海上へ追いやられた世界で、対立する精霊と人間の関係の変化を描いたストーリー。脚本、演出は「島ピエロのゆずちゃん」こと明石光佐さん。

 出演した団員らは、堂々とした演技やせりふ回しなどで観客を舞台の世界に引き込んだ。

 同劇団の池間出団長は「見どころは子供たちの頑張り。舞台は近未来の閉じられた世界で、宮古島の神話や宮古方言も交え、宮古島をモチーフにしたオリジナル脚本。衣装もこっているのでそこも楽しめると思う。ぜひ多くの人に見に来てもらいたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!