02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
政治・行政
2018年9月12日(水)8:57

障がい者雇用率2・58%/宮古島市

市議会一般質問始まる


市議会9月定例会一般質問が始まり初日は5人が登壇して市政全般をただした=11日、議場

市議会9月定例会一般質問が始まり初日は5人が登壇して市政全般をただした=11日、議場

 宮古島市議会(佐久本洋介議長)9月定例会の一般質問が11日、始まった。この中で2018年度の市の障がい者雇用率2・58%が示され、県平均を上回っていることが分かった。市教育委員会は新しい博物館の建設スケジュールについて答弁し、2022年度に着工して25年度に供用の開始を目指す考えを示した。

 初日の一般質問には我如古三雄氏、島尻誠氏、前里光健氏、下地勇徳氏、下地信広氏の5人が登壇し、市政全般をただした。

 障がい者の雇用率は下地信広氏が聞いた。宮国高宣総務部長が答弁し、2・58%の数字を示した。市長部局での採用数は8人。

 沖縄労働局が調べた昨年6月1日時点の県機関平均雇用率は2・46%、市町村機関平均は2・34%で、宮古島市の雇用率はいずれの平均も上回っている。

 市によると、過去5年の雇用率は▽14年度2・29%▽15年度2・30%▽16年度2・38%▽17年度2・40%-と年々上昇している。

 下地氏は市の雇用率を評価しつつ「障がい者の雇用は自立支援の上でも大変重要だ」と話し、障がい者雇用の一層の充実を促した。

 前里氏は博物館の建設スケジュールを問うた。市教育委員会の下地明生涯学習部長が答弁し、供用開始年度は25年度を予定しているとした。19年度に用地選定作業に入り、22年度には着工する計画だ。ただ、財源は「固まっていない」と今後の課題も挙げた。

 12日の一般質問には仲里タカ子氏、粟国恒広氏、濱元雅浩氏、友利光徳氏、平百合香氏が登壇する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!