02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
スポーツ
2018年9月29日(土)8:55

古城さん、日本代表に/障がい者サッカーW杯

 2000年シドニーパラリンピック陸上100㍍の日本代表で宮古島市出身の古城暁博さん(35)がこのほど、身体に障がいを持つ人がつえをつきながらプレーするアンプティサッカーの日本代表に選ばれた。10月にメキシコで開催されるW杯に出場する。主将を務める古城さんは「ベスト4を目指す。良い成績を残してアンプティサッカーの認知度を上げ、多くの子どもたちに夢を与えたい」と上位入賞に意欲を見せた。

 古城さんは平良鏡原の出身。5歳の時、交通事故に遭って右足のひざ関節から下を切断。以来義足をつけて日常生活を送る。

 南小、平良中を卒業した後は千葉の高校に進学。高校1年のころに始めた障がい者スポーツにのめり込んだ。2000年のパラリンピックでは100㍍で8位入賞。02年の世界選手権では6位に入っている。

 アンプティサッカーに出合ったのは13年。すぐに頭角を現し、14年のW杯日本代表に選出された。17年には国際トーナメントで3位に入賞。今回、2大会連続でW杯出場を決めた。

 古城さんは現在、千葉県の富里市役所に勤務。アンプティフットボールクラブのAFCBumbleBee千葉に所属している。

 2度目のW杯に向けて古城さんは「前回大会初めて2勝して16強に残ることができた。今回は4強を目指したい」と意欲を語った。

 また、「結果を残すことでアンプティサッカーをより多くの人に知ってもらえることになる。同じ障がいを持つ人、特に子どもたちに伝えたい」と認知度の向上を目指す。「このスポーツを知ることで一つの居場所ができる。社会に出ていくきっかけになってくれればうれしい」と話した。

 アンプティサッカーはクラッチというつえを使う7人制のサッカー。日本アンプティサッカー協会はクラウドファンディングで支援を呼び掛けている。詳しくは同協会のHPまで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!