08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
政治・行政
2018年11月14日(水)9:00

下水終末処理場増設へ/16日の臨時会提案

建築ラッシュに対応
契約金額5億550万円


現在2基ある下水終末処理場。右側の設備のとなりに3基目が建設される=13日、市浄化センター

現在2基ある下水終末処理場。右側の設備のとなりに3基目が建設される=13日、市浄化センター

 市議会全員協議会が13日、市役所平良庁舎で開かれ、16日に開催される市議会臨時会に市当局が提出する議案の説明が行われた。今臨時会には市浄化センターに現在2基ある下水の終末処理場を1基増設するための建設工事委託の協定を締結することに議決を求める議案と、任期満了に伴い新たな教育委員を任命することへの同意案が提出される。


 集められた下水から不純物や汚れなどを取り除く処理をして、きれいになった水を海へ排出する終末処理場。市の施設は2基で1日に5600立方メートルの処理能力があり、現在の1日平均処理量約4300立方メートルを上回っていて、能力には余裕がある。

 しかし、マンションやアパート、ホテルなどが建築ラッシュとなっている現状を踏まえ、今後の処理量増加に対応するため、3基目を建設することとなった。

 建設場所は市浄化センター内にある既存の終末処理場の隣。建設工事は日本下水道事業団(東京)に委託する予定で、契約金額は5億550万円。今回の工事は本体工事のみで、電気設備や配管設備などは別途工事が必要となる。工事費総額は約11億7000万円。2021年度からの供用開始を目指す。

 今臨時会には、工事を委託するための協定を締結することに議決を求める議案を提出。議決されば年明けにも着工したい考え。

 教育委員任命の同意案は、佐和田貴美子委員(教育長職務代理者)が12月4日で任期満了を迎えることから提出される。後任として任命を予定しているのは渡久山ひろみさん(伊良部)。

 市議会全員協議会では総務部の宮国高宣部長が提出議案について説明した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!