01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
政治・行政 産業・経済
2010年12月14日(火)9:00

宮古本島1月7日製糖開始/キビ年内操業

会社側来期実施に前向き


 宮古本島製糖2工場(宮古製糖城辺工場、沖縄製糖宮古工場)の2010-11年期の製糖操業は、来年1月7日に開始する。宮糖、沖糖、JAが13日話し合って決めた。その後、下地敏彦市長を訪ね年内操業を見送った理由を説明するとともに、来期からの実施に努力する旨を伝えた。


 サトウキビの早期・年内操業については10月29日、下地市長と生産組合の組合長らが両工場を訪れ要請。年内操業を必要とする理由に、夏植え1作体系から夏株・春植え体系への移行による増産-などを挙げていた。

 同要請に対する市長への回答は、安村勇宮古製糖社長や砂川玄悠沖縄製糖専務、岡村幸男JAおきなわ宮古地区本部長らが行った。

 会社側は年内操業を実施した場合の問題点として①9月18日の台風13号と10月28日の同14号に伴う葉の裂傷や塩害による登熟の遅れ②春植え準備(耕起、整地、苗の確保)や株出管理機による受委託体制が確立されていない-などを指摘。その上で、今期の年内操業についてはこれらの問題点を理由に厳しいとの認識を示し、今期は来期からの実施に向け準備を進める考えを伝えた。

 下地市長は、市としても条件整備に力を入れていく考えを示したという。
 会社側は年明け操業開始に関し「春植えや株出しを計画している農家については、早めの収穫ができるよう取り組みを進め対処する」としている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!