07/15
2024
Mon
旧暦:6月9日 友引 己 
産業・経済 観光関係
2018年12月16日(日)8:59

ホテル増設、総客室6000へ/ユニマットプレシャス

シギラに24年度末/観光客の急増に対応

 

ユニマットプレシャスがシギラリゾート内で建設を進めている新ホテル=15日、上野

ユニマットプレシャスがシギラリゾート内で建設を進めている新ホテル=15日、上野

宮古島でリゾートホテルやゴルフ場経営などを展開するユニマットグループのユニマットプレシャス(東京、高橋洋二会長)が上野地区を中心にホテルを増設し、2024年度末までには客室総数を6000室にする計画をしていることが分かった。新規ホテルの開発は、来年の下地島空港開港など今後、入域観光客の増加が見込まれることへの対応で、同社では「自治体と力を合わせ、官民一体となって宮古島の発展を目指していきたい」と話している。

同社は現在、上野地区周辺のシギラリゾート内に、ヴィラやプライベートホテル、ファミリー、長期滞在型など六つのホテルを運営しており客室総数は827室。総収容人数2140。ホテル内などには24軒のレストランを手掛けている。

同リゾート内では現在、「ホテルシギラミラージュ ベイサイド」(19年春開業予定、客室数120室)、「ホテルシギラミラージュ ヒルサイド」(19年夏開業予定、40室)、「ホテルシーブリーズカジュアル2期」(仮称、19年開業予定、150室)の三つのホテルを建設中で、開業すれば既存ホテルと加えた客室総数は1137室になる。

宮古島の入域観光客数は17年度は約99万人。18年度は120万人突破が見込まれている。

観光客が急増する一方、客室数は3000室程度で推移しており、明らかに需要に供給が追い付いていないのが実情だ。

このことから同社は「シギラベイサイドスイート アラマンダ」などの最高級ホテルをさらに拡充するほか、カジュアルホテルも増やして20年度末までに客室総数2000室、24年度末までに6000室を目指し、幅広い客層を受け入れていく方針。

同社はまた、セグウェイやシュノーケル体験、温泉、プールなど旅行先での行動を促すアクティビティ施設も整備・充実させ、さまざまな消費機会を生み出す環境整備の必要性を強調。「観光収入が増えることで新たな産業が生まれ雇用が発生する。地産地消を拡大することにより観光産業だけでなく、畜産業や漁業の発展、6次産業化にもつなげることができる」と話している。

入江康文副社長は11月、同社のパートナー企業(協力企業)と親睦を深める懇親会の席上、新たなホテル建設やレストラン、テーマパークなどのリゾート整備計画を紹介。さらに定住を促進するための大型スーパーの整備などを盛り込んだ3万人規模の街づくり構想を披露し、実現向け協力を求めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!