06/25
2022
Sat
旧暦:5月27日 先勝 己 
教育・文化
2018年12月25日(火)8:56

砂川愛花さんが最高賞

池間師範(中央)を挟んで琉球古典芸能に合格した皆さん。(右から優秀賞の下地さん、最高賞の池間さん、砂川さん、新人賞の下地さん)=23日、池間美代子琉舞研究所・平良荷川取

池間師範(中央)を挟んで琉球古典芸能に合格した皆さん。(右から優秀賞の下地さん、最高賞の池間さん、砂川さん、新人賞の下地さん)=23日、池間美代子琉舞研究所・平良荷川取

池間琉舞研究所から4人合格
古典芸能コンクール・琉球舞踊

 第53回琉球古典芸能コンクール(主催・琉球新報社)がこのほど、那覇市の琉球新報ホールで行われ、琉球舞踊の部門で玉城流敏風会宮古支部池間美代子琉舞研究所の砂川愛花さん(21)が最高賞に合格した。砂川さんは「まだまだ勉強することがたくさんある。踊りだけでなく、歌やさまざまな技能も勉強していきたい」と抱負を語った。


 同研究所からは、下地麻祐梨さん(16)が優秀賞、下地久代さん(51)が新人賞にそれぞれ合格した。

 下地さんは現在、宮高2年生で「稽古と部活(男子バレーボール部マネジャー)の掛け持ちで、苦しいこともあったが、両親や先生たちのおかげで合格できた。次は最高賞に挑戦できるように頑張る」、下地さんは「古典芸能は基礎が身に付くと楽しくなる。合格したのは家族の応援、先生、周囲に助けられたからこそ。課題はたくさんあるが、いろいろな演目を習っていきたい」とそれぞれ喜びと抱負を語った。

 昨年のコンクールで最高賞に合格した池間香苗さん(36)も同時に喜びの報告を行い「新たな出発として初心に戻り、精進していきたい」と話した。

 同研究所からの合格者はこれで11人となり、指導した池間美代子師範は「指導では古典芸能の持つ歴史背景のほか、人間性も身に付くように心掛けている」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!