01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
産業・経済
2019年1月16日(水)8:59

ハーベスターフル稼働/キビ収穫

天候回復、威力発揮/工場も圧搾作業スタート


収穫の主流となるハーベスターの本格稼働が始まった=15日、市平良のサトウキビ畑

収穫の主流となるハーベスターの本格稼働が始まった=15日、市平良のサトウキビ畑

 2018-19年産サトウキビの機械刈りが15日、始まった。この3日間雨が降らなかったため、城辺や上野地区でハーベスターが稼働している。11日に搬入を開始した宮古製糖城辺工場も15日から圧搾作業を開始した。機械刈りの原料(サトウキビ)は16日から搬入する。沖縄製糖はあす17日から操業を始める。

 ハーベスターを使う機械刈りは今の主流。今期の機械刈り面積は4629ヘクタールと全体の9割に達し、過去最高を更新している。高齢化に伴う労働力の減退と機械化を印象付けている。

 ただ、機械刈り収穫は雨の日に向かない。ほ場がぬかるんでハーベスターが動きにくいという物理的な理由のほか、土など大量のトラッシュが原料に入ってしまうためだ。トラッシュが増えると品質が落ちることから生産農家も嫌う。

 こういった理由から、宮古製糖城辺工場が11日に搬入を開始した後もハーベスターは稼働しなかった。工場には手刈りの原料だけが運び込まれていた。

 ただ、13日から天候が回復。15日午後6時現在まで雨が降っていない。昼間は晴れ間が広がり、ほ場も乾き、ハーベスターがほ場に入れる環境が整ったという判断の下、各地で機械刈りが本格化している。16日から機械刈り原料が搬入されるため、工場の圧搾作業も忙しくなる。

 ハーベスター運営協議会がまとめた申し込み状況によると、全体収穫面積5088ヘクタールに対して申込面積は4629ヘクタールで、機械刈り率は91%に達している。

 地区別の申込面積は▽平良1266ヘクタール▽城辺1464ヘクタール▽下地610ヘクタール▽上野480ヘクタール▽伊良部805ヘクタール-となっている。

 今期のサトウキビは、干ばつや台風でダメージを受けているが、地区全体の生産量は平年並みの約30万トンが見込まれている。今後は冷え込み等に伴う品質の上昇が期待される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!