02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
政治・行政
2019年3月1日(金)8:59

ブックスタート実施へ/宮古島市

読書活動推進計画を答申


市子どもの読書活動推進計画を宮國教育長(中央)に答申する湧川委員長(左)。右は下地明市生涯学習部長=28日、市役所城辺庁舎

市子どもの読書活動推進計画を宮國教育長(中央)に答申する湧川委員長(左)。右は下地明市生涯学習部長=28日、市役所城辺庁舎

 市子どもの読書活動推進計画策定委員会(湧川博昭委員長)は28日、同計画を宮國博教育長に答申した。「豊かな子どもの読書環境づくりのために」を基本目標に、市立図書館や学校図書室のみならず家庭や地域においても、読書に親しめる環境整備を目指す。具体的には「ブックスタート」事業の実施や、県立図書館で借りた本を市立図書館で返却できる新たな取り組みを図る。

 推進計画では①子どもの読書環境の充実②家庭、地域、学校の相互連携③人材の育成④読書活動の啓発・広報-を目標に掲げ、家庭や地域、学校などで実施する具体的な取り組みをまとめた。

 このうち、ブックスタート事業は、赤ちゃんと保護者へ絵本に触れる楽しさと大切さを伝えながら絵本を手渡し、心触れ合うひとときを持つきっかけをつくる活動を新年度からスタートする。

 0~1歳半の乳・幼児約800人が対象で、保護者に絵本と図書バッグを無料で配布し家庭での読み聞かせを推進する。

 答申を受けた宮國教育長は「子どもたちが本を身近に感じられる環境を整備したい。ブックスタート事業を通して、子を持つ親が図書館を大いに活用してもらえればうれしい」と話した。

 計画ではそのほか、高齢者や体の不自由な人の図書館利用を促進するため、大活字本などの資料を充実させる。

 答申した湧川委員長は「各機関が連携して一つの目標に向かい、子どもの読書活動を推進することで、より多くの子どもが本を手に取り人生をより深く生きる力を身に付けてくれるものと確信している」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!