02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
社会・全般
2019年3月7日(木)9:00

アルコール相談130件/宮古保健所昨年4~12月

前年度の2・5倍/新規増え年齢層幅広く


アルコール相談の現状などの報告があった協議会=6日、宮古保健所健康増進室

アルコール相談の現状などの報告があった協議会=6日、宮古保健所健康増進室

 宮古地区の2018年度(4~12月)アルコール相談の延べ件数が130件に上っていることが分かった。前年度(51件)の2・5倍で、アルコール依存症の疑いのある人が増えていることが浮き彫りになった。130件のうち、新規相談は前年度(18件)の約2倍の34件。うち、29件(85%)は男性で、30~70代と幅広い年齢層だった。

 6日に開かれた宮古保健所運営協議会(盛島明隆会長)で明らかになった。

 同保健所地域保健班が「アルコール相談の現状」を報告した。それによると、過去3年のアルコール相談件数推移の特徴の一つが、本人と家族が積極的に相談している。18年度の130件のうち、本人が49件と最も多く、家族も22件あった。

 本人からの相談では「飲酒をやめたい」「断酒または減酒を継続したい」などと強い決意が示された。

 家族からの相談では「本人の飲酒をやめさせたい」「アルコール依存症の治療について知りたい」「本人の飲酒に困っている」などの内容だった。

 18年度の新規相談34件を年齢別に見ると、40代、50代、60代ともに各8件、70代5件、30代4件、不明1件だった。

 出席者の一人は「何回も回し飲みするオトーリを見直してほしい。宮古には行事も多く、飲酒は文化とのつながりがある。また個人だけの力だけでは解決するのは難しい。社会全体で解決を考えてもらいたい」と提起した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!