08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
産業・経済
2019年4月6日(土)8:57

牛、豚のと畜伸びる/18年度食肉センター

需要高まり、消費拡大


2018年度と畜頭数推移

2018年度と畜頭数推移

 第3セクター宮古食肉センター(岡村幸男社長)は5日までに、2018年度のと畜実績をまとめた。主流の牛は334頭、豚は642頭とそれぞれ前年度の実績を上回り、需要の高まりと消費の拡大を印象付けた。ただ、依然として計画と畜頭数には及ばず、厳しい経営に変わりはない。

 同社のまとめで、牛は前年度比7頭増えた。と畜頭数の7割がJAの肥育センター、残りは民間から持ち込まれているという。

 旺盛な観光需要と比例するように、牛のと畜頭数はここ数年伸びている。と畜後の肉は島内のホテルや飲食店が仕入れており、新鮮な宮古牛として引き合いも強いという。観光客の増加が、消費の拡大に拍車を掛けているようだ。

 豚は前年度と比べて62頭増と大幅に伸びた。要因は養豚技術の向上。行政のてこ入れで立ち上げられた養豚団体が機能し、子豚の死亡が減って、と畜頭数に反映されたとみられる。

 ヤギは80頭減と前年度を大きく下回ったが、同社では「需要はある」とみていて次年度以降のと畜に期待を込める。山羊生産流通組合が立ち上げられていることもプラス要因に挙げた。

 と畜実績を伸ばしている半面、大幅な収益増は見込めない。重油の値上げや設備のメンテナンスといった施設運営にも大きな支出を強いられており、経営は依然として厳しい状況だ。

 食肉センターはJA宮古家畜市場の東側にある。16年に新しく造られた。第3セクターで、所有株式数は10万株。主な株主は沖縄振興開発金融公庫、県農業協同組合、宮古島市、県食肉センターで、沖縄公庫が最多3万株を所有(所有割合30%)している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!