02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
スポーツ
2019年6月2日(日)8:59

ビーチバレー大会が開幕/きょう各部の決勝まで

豪快なスパイクを放つ男子2人制の平良選手(右)=1日、与那覇前浜ビーチ

豪快なスパイクを放つ男子2人制の平良選手(右)=1日、与那覇前浜ビーチ

 第20回ビーチバレー宮古島大会2019(主催・同実行委員会)は1日、下地与那覇の前浜ビーチで開幕した。男女の2人制と男女混成4人制の3部門で熱戦の火ぶたが切られた。初日は開会式と各部の予選グループ戦が行われた。選手たちは仲間と共に勝利を目指し、砂浜で熱い戦いを繰り広げた。2日は各部の決勝まで行う。

 大会テーマは「出会い!感動!飛躍!ビーチの勇者たち」。男女混戦4人制には島内外から86チーム、2人制男子には8組、同女子には6組が出場した。

 この日は大会開催前には雨が降ったが、開会式までには上がった。時折晴れ間ものぞくなど、好コンディションとなった。

 男女の2人制では、力強い攻撃や粘り強い守備が展開され、観客を沸かせた。混成4人制は男女が協力してプレーし、点が決まるごとに一喜一憂した。

 2日目は午前9時から予選グループ戦の残り試合を行う。その後、男女の2人制は午前10時30分から、混成4人制は午後1時30分から決勝トーナメントが繰り広げられる。

 開会式で大会長の下地敏彦市長は「多くの参加を喜んでいる。熱い戦いを期待している。また来年もこの大会に参加してもらいたい」と呼び掛けた。

 選手代表して宮古島市出身のビーチバレー選手、平良伸晃さんと上場雄也さんが務め、明るく楽しくプレーすることを宣誓した。

 大会には宮古島合宿中のスキージャンプ選手の葛西紀明さん、小林陵侑さんらが出場したほか、写真撮影などにも応じていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!