02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
社会・全般
2019年7月7日(日)8:56

最新医療器機を導入/中村胃腸科内科あす開院

大腸カメラを手にする中村院長=6日、中村胃腸科内科

大腸カメラを手にする中村院長=6日、中村胃腸科内科

 平良下里に8日、中村胃腸科内科が開院する。6日、開院式と内覧会があり、多くの関係者が開院を祝った。診療は胃カメラ・大腸カメラ検査、エコー、一般内科、健康診断、生活習慣病の管理治療など。中村献院長(44)は「縁あって宮古島で開院することになった。地域医療に力を尽くしたい」と話した。

 中村院長は兵庫県神戸市出身で琉球大医学部卒。県内で医療活動を行い、県立宮古病院、豊見城中央病院などで勤務した。一般内科、消化器内科が専門で胃カメラ、大腸カメラ、救急医療に携わってきた。トライアスロン宮古島大会では応援医師として医療救護部で活躍した。

 新院では最新鋭のカメラを備え胃、大腸などの消化器検査を行う。

 開院式で中村院長は「関係者のおかげできょうの日を迎えることができた。13年前に宮古病院で勤務し宮古の人たちの温かさに触れた。クリニックを開業するに当たって必要とされる所で開業したいとの思いもあった。宮古島の地域医療に貢献し、健診にも力を入れていきたい」と話した。きしもと内科医院の岸本邦弘院長が祝辞を述べた。

 新院は平良第一小学校近くの旧下地内科医院。木・土曜日の午後、日曜日・祝祭日が休診。電話75・3232。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!