06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
教育・文化
2010年5月23日(日)10:03

森田たもつ氏に賞詞/第14回平良好児賞授賞式

「細く長く書いていく」/関係者集い、次作にも期待

松原選考委員長(右)から賞詞を受け取る森田氏=22日夜、ホテル共和

松原選考委員長(右)から賞詞を受け取る森田氏=22日夜、ホテル共和

 第14回平良好児賞授賞式・祝賀会(主催・宮古毎日新聞社)が22日夜、市内のホテルで開かれた。著書「蓬莱(ほうらい)の彼方(かなた)」(発行所・ボーダーインク)で受賞した森田たもつ氏(50)=本名・森田保、平良、歯科医師=に選考委員会から賞詞が手渡された。会場には、森田氏の家族や知人、関係者など多数が訪れ、花束を贈ったり祝杯を上げて受賞をたたえた。
 
 表題作のほか「オールド・マーチン」、「メリー・クリスマスeverybody」、「ボタン」の計4作を収めた短編集が賞に輝いた今回の平良好児賞。授賞式では、宮古毎日新聞社の伊志嶺幹夫編集局長が「宮古の若者たちが森田氏の作品に触発され、各分野で逸材が輩出すること期待している」とする同社真栄城宏社長の主催者あいさつを代読した。
 
 選考委員会の仲地清成委員は「特殊な舞台で人間の普遍的な問題を見つけ、綿密な構成と的確な表現でリアリティー感じさせた」などと講評を述べた。
 
 松原清吉選考委員長から賞詞を、知人らから花束を受け取った森田氏は「受賞でき、大変うれしく思うとともに、これからのことを考えると身の引き締まる思い」との感想を示した上で「これからも一生懸命、書いていきたい。次回作についてはまだ未定だが、細く長く書いていきたい。それが宮古に文学の根を広げることにつながると思う」と抱負を語った。
 
 祝賀会では、フロイデ合唱団による幕開けに続き、宮古島市文化協会の友利吉博会長の音頭で乾杯を行い、森田氏の受賞を祝福した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!