10/06
2022
Thu
旧暦:9月11日 先勝 壬 
社会・全般
2019年8月23日(金)8:57

取水管敷設工事進む/市海業センター

総事業費は3億円超


急ピッチで工事を進めるしゅんせつ船=22日、市海業センター

急ピッチで工事を進めるしゅんせつ船=22日、市海業センター

 平良狩俣地域にある市海業センターそばの沿岸域で、しゅんせつ作業船を使った取水管敷設工事が急ピッチで進められている。取水管は全長480㍍、管直径0・5㍍で、そのうち320㍍は前年度に完了し、残り160㍍は9月中に完成させる予定。供用開始後は、稚魚・稚貝を育てる種苗生産量の飛躍的な増加、育てた稚魚・稚貝を海に放す種苗放流量の増大などが期待されている。モズク種付け効果による飛躍的な増産も予想されている。

 海業センター整備事業の一環で実施し、沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)を活用している。

 前年度の1工区事業費が1億8200万円、今年度の2工区事業費1億9500万円。二つの工区を合わせた事業費は3億7700万円で、国が80%、市が20%をそれぞれ負担する。

 新設の取水施設を利用し、良質で安定した海水温の海水はマイナス10㍍から取り入れる計画。

 現在、種苗生産している施設は水深の浅い海水を使用。このため、暑い日には水温が度を超えることから、種苗生産への悪影響が指摘されていた。一定の安定水温の確保が課題だった。

 海業センターにおける種苗生産、育成、放流活動を継続実施することで、水産資源の保全、回復に努めるとともに、つくり育てる漁業を効率的に推進していくため、センターの機能強化を図ることを目的に同工事が実施されている。

 センターでは「安定した海水温の確保で、種苗生産の持続的な発展になる」と早期の供用開始に期待を込める。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!