09/28
2022
Wed
旧暦:9月3日 大安 甲 
産業・経済
2019年9月7日(土)8:57

キビ被害2億3700万円/台風13号

葉裂傷も折損系少なく/オクラなど野菜730万円


台風の暴風に吹かれて葉が裂傷したサトウキビ。全域で被害が確認された=6日、市城辺

台風の暴風に吹かれて葉が裂傷したサトウキビ。全域で被害が確認された=6日、市城辺

 宮古島市は6日午後、台風13号による農林水産物の被害速報を発表した。基幹作物のサトウキビの被害額は2億3700万円で全体の約95%を占めた。葉の裂傷は全域で見られたが折損系が少なく、被害は比較的抑えられている。野菜はオクラなどで730万円の被害があった。そのほか、海中公園施設の一部損壊など水産関係の被害額が495万円となっている。

 サトウキビは、長時間にわたって暴風にあおられたことから大きな被害が懸念されていたが、全体被害率は3・99%に収まった。

 各地域のサトウキビは倒伏し、葉がちぎれる被害が出ているが、市農林水産部は「前の台風の強さと比較して被害が大きくなることを心配したが、思った以上に抑えられた」とし、折損系の少なさを挙げた。

 ただ、地域によっては被害が大きく、特に海岸沿いの畑のサトウキビでは梢頭部の折損が見られる。葉の裂傷範囲も大きかった。城辺の吉野、保良、福北、平良狩俣のほか、伊良部島で被害が際立つという。

 塩害については、「(全体的に)台風の通過後にまとまった降雨があったことから影響は少ないものと考えられる」としている。

 野菜は主に露地のオクラで被害があった。強風による果実のすれ、葉のちぎれにより、1カ月程度出荷が停止される見込みだ。パパイヤでも被害があった。

 施設栽培では、アスパラガスやゴーヤーの一部で被害が確認されている。

 畜産被害額は、家畜の施設で500万円あった。

 被害調査は6日午前に実施した。市をはじめ県、製糖工場、JAなど関係団体の職員が宮古全域のサトウキビ畑を見て回った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!