10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2019年10月16日(水)8:59

島袋さん(伊良部島中学1年)大賞/サシバ俳句コンテスト

勇ましく とんだサシバが 風となり/島内の小中高生751点応募


大賞を受賞した島袋さん(前列中央)と特別賞受賞者=15日、下地島空港ターミナル

大賞を受賞した島袋さん(前列中央)と特別賞受賞者=15日、下地島空港ターミナル

 2019サシバ俳句コンテスト(主催・日本自然保護協会)の入賞者発表と授賞式が日、下地島空港ターミナルであり、大賞の伊良部島中学校1年の島袋覚実さんら25人が表彰された。大賞の島袋さんは「勇ましくとんだサシバが風となり」と、飛来したサシバが一晩羽を休め、翌朝早く飛び立つ様子を詠んだ。

 コンテストは島内の小中高生から募り、小学校11校、中学校8校、高校3校から751点の応募があった。

 授賞式では大賞、日本自然保護協会賞、宮古野鳥の会賞、三菱地所賞、ラッシュジャパン賞のほか佳作20人が表彰された。

 島袋さんは「空で風とサシバが一緒になったような感じを詠んだ」と話し、大賞受賞には「ぜんぜん思ってなかった。うれしい」とはにかんだ。

 日本自然保護協会賞は宮古総合実業高校2年の濱川咲良さん、宮古野鳥の会賞には城辺小学校6年の伊波きよらさん、三菱地所賞は伊良部島小学校5年の手登根芭奈さん、ラッシュジャパン賞は伊良部島小学校5年の長間翔吾君が選ばれた。受賞者には双眼鏡やサシバの飛来地にゆかりのある賞品などが副賞として贈られた。

 講評した宮古島ジュニア俳句育成会の池田俊男事務局長は「たくさんの作品が寄せられた。昨年は450点だったが今年はそれを300点上回る750点の応募があった。投句数が増えただけでなくレベルが高くなった。それと題材が広くなった」と話した。

 日本自然保護協会はサシバとその生息地の保全活動に力を入れており、その一環としてサシバの繁殖地として有名な栃木県市貝町で今年5月に国際サミットを開催。中継地の宮古島市で来年10月、越冬地のフィリピン・ルソン島では21年に同サミットを開催する予定。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!