09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2019年11月3日(日)8:57

西川瑚宇多さん名取に/西川壱瑚日舞教室

「稽古に精進、目標は師範」


名取試験に合格し免許状を手にする西川瑚宇多さん(左)と師範の西川壱瑚さん=2日、宮古毎日新聞社

名取試験に合格し免許状を手にする西川瑚宇多さん(左)と師範の西川壱瑚さん=2日、宮古毎日新聞社

 西川瑚宇多さん(本名・下地静華さん)がこのほど、日本舞踊西川流の名取試験に合格した。人間国宝である十代目宗家・西川扇蔵氏から免状を受けた瑚宇多さんは「これらからも稽古に精進し、他の名取と一緒に西川流を広めていきたい」と抱負を語った。福岡県出身の30歳。日本舞踊を始めて5年目。

 瑚宇多さんは2日、免許状を手に宮古毎日新聞社を訪れ、「日常生活の一こまやしぐさを見る人にしっかりと伝えるのが西川流の特徴だと思う。踊りも人間性もさらに高めて、将来は先生(西川壱瑚師範)のような師範を目指していきたい」と話した。

 母と祖母の影響で日本舞踊を習うようになったという。「福岡で2人とも喜んでいる。来秋の名披露目には、ぜひ見に来てほしい」と笑顔を見せた。

 指導した西川師範は「これからがむしろスタート。いろいろなことを吸収し、将来は指導者として後輩たちを引っ張っていってほしい」と期待した。西川壱瑚日舞教室では、名取合格は4年ぶり4人目。

 試験は10月13日に東京で行われ、課題曲の男踊り、女踊りをそれぞれ踊ったという。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!