10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
スポーツ
2019年11月5日(火)9:00

秋の宮古路に1900人/エコマラソン

フルは仲間が3連覇/4部門に交流の輪広がる


フル・ハーフマラソンの参加選手が一斉にスタートした=3日、市陸上競技場

フル・ハーフマラソンの参加選手が一斉にスタートした=3日、市陸上競技場

 第10回エコアイランド宮古島マラソン(主催・宮古島市など)が3日、市陸上競技場をスタート・ゴール地点としたコースで行われ、フルマラソン、ハーフマラソン、10キロ、5キロの4部門に計1913人が出場して秋の宮古路を駆け抜けた。フルマラソンの部は仲間孝大(31)=豊見城市=が2時間36分8秒で総合3連覇で5回目の優勝に輝いた。女子は村田夏希(37)=熊本県=が3時間12分5秒で初の栄冠をつかんだ。ハーフマラソンの部男子は宮古島出身の与那嶺恭兵(32)=浦添市=、女子は松田優子(46)=東京都=がそれぞれ優勝した。4部門の完走者は計1845人、完走率は96・45%だった。

 この日の天気は曇りのち雨。最高気温が26・5度(午前10時1分)。降ったりやんだりの雨と高い湿度が選手らを苦しめた。

 フルの部には669人が出場。今年からみやこ下地島空港ターミナルの供用開始と観光客の増加で伊良部大橋の長時間封鎖が困難となりコースが変更になった。市陸上競技場を発着点に来間大橋を渡るコースを走り、624人が完走を果たした。

 総合優勝した仲間は、序盤からレースを引っ張り、最後まで独走。他を引き離してそのままゴールした。女子の部を制した村田も前半から後続を引き離し、堅実な走りを見せて優勝を飾った。

 ハーフの部は市陸上競技場を出発し、下地の上地交差点近くを折り返すコース。752人が出場し731人が完走した。男子優勝の与那嶺は1時間17分22秒、女子の松田は1時間46分35秒の記録でゴールテープを切った。

 10キロの部には352人が出場し、350人がゴールした。男子は外間勇太(22)=那覇市=が33分56秒、女子は五十嵐真美(53)=茨城県=が50分34秒でそれぞれ制した。

 今年から新設された5キロの部は、男子は砂川遥人(14)=宮古島市=が21分26秒、女子は上原凜星(13)=同=が32分22秒のタイムで1位でゴールした。

 開会式で大会長の下地敏彦市長は「本大会で繰り広げられる熱いレース、ふれあいパーティーを通して、皆さんの心に残る感動と出会い、交流の和が広がり、宮古島からさまざまな方向へ発展することを願う」とあいさつした。

 この大会の発案者であり、2007年大阪世界陸上女子マラソン銅メダリストの土佐礼子さんがスターターを務めた。レース後は、市平良多目的屋内運動場で表彰式とふれあいパーティーが行われ、出場選手が健闘をたたえ合った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!