07/23
2024
Tue
旧暦:6月17日 仏滅 丁 大暑
教育・文化
2019年11月5日(火)8:59

最優秀に大石君ら6人/童話・お話・意見発表大会

47人が表現力など競う/来月、宮古で初の県大会


小学低学年の部最優秀賞の大石君(右)、新里さん

小学低学年の部最優秀賞の大石君(右)、新里さん

 第53回宮古地区童話・お話・意見発表大会(主催・宮古地区PTA連合会)が3日、南小学校など4会場で開かれた。小学校低、高学年、中学校の各男女別の代表47人が内容や表現力を競った結果、大石空(かなた)君(多良間小3年)ら6人が最優秀賞に輝いた。今年の県大会は12月13日に、70回目の節目を記念して離島では初めて宮古島市で行われる。宮古地区最優秀賞6人を含めた県内6地区の代表約100人が参加予定。

 男女8人が出場した小学校高学年の部には、家族のこと、学校での出来事、地域で考えたことなどを小学生の感性で生き生きと発表した。

 審査員からは「原稿を良く覚えて発表した」「制限時間内に発表した」などと評価され「どちらが優れているのか判断するのが難しかった」と講評された。

 低学年の部の童話発表には、男女人が参加。民話や伝説など創作物語を、ジェスチャーを交えながら元気に披露した。

 「よりよい未来のために」と題し発表し、中学校男子で最優秀賞を受賞した下地凛さん(久松中3年)は「声を上げる時は、積極的に上げようという自分の体験をつづった。県大会ではかまないよう、原稿をしっかりと覚えて臨みたい」と話した。

 中学生の意見発表には男女合わせて25人が登壇し、将来の夢、勇気、高齢者社会を考えるなど、多岐にわたるテーマで聴衆を引き付けた。

 各部の最優秀賞受賞者は次の皆さん。(敬称略)

 【小学校低学年の部】男子=大石空(多良間小3年)「神様の引越し」▽女子=新里仁菜(伊良部島小3年)「おこだでませんように」
 【同高学年の部】男子=砂川昌璃(砂川小4年)「方言が教えてくれたこと」▽女子=西銘結衣(砂川小6年)「ゆいまーるの心」
 【中学校の部】男子=下地凛(久松中3年)「よりよい未来のために」▽女子=真喜屋奏(平良中2年)「プラスとハートの思いやり」


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年7月21日(日)9:00
9:00

キッチンカーグルメ満喫 「 ひらりんマーケット 」

ひらりんマーケット(主催・日本観光振興協会、宮古島市)が20日、平良港内のひらりん公園で開催された。会場には、たこ焼きやかき氷などキッチンカーが6台、アクセサリーなど物販が8店舗参加し、地元住民やクルーズ船観光客らがお目当ての商品を買い求めながら交流を楽しんだ…

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!