09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2019年11月8日(金)8:57

「歓迎する気持ち大事」

おきぎん離島講演会
外国人観光客急増で助言


ジャーマン氏の講演を聞く経営者ら=7日、市内ホテル

ジャーマン氏の講演を聞く経営者ら=7日、市内ホテル

 増加する訪日外国人観光客(インバウンド)に対するアプローチを考える、おきぎんカトレアクラブ離島講演会が7日、市内のホテルであった。講師はインバウンドコンサルティングなどを行うジャーマン・インターナショナルのルース・マリー・ジャーマン社長で「世界に誇れる日本の美点~日本的なグローバル化を目指して~」と題して、今後も増加を続けるであろう外国人観光客に対するアプローチや観光客誘致の方向性などについて講演し「大事なのは歓迎する気持ち、心だ」とアドバイスした。企業経営者らはジャーマン氏の講演に耳を傾けた。


 ジャーマン氏は外国人観光客が2012年の1000万人から18年には3100万人と急速に伸びていることについて「政府は12年に、20年の目標を2000万人としたが、4年目で目標を超えた。こんなに成功した国はほかにはない。この流れで行くと30年には8200万人と見込まれている」とし、また「日本には260万人の外国人が住んでいる。30年には人口の1割に達するだろう。この外国人を誘致すべき」と話した。

 今後ターゲットにする顧客層として年収1500万円以上の「グローバル層」を挙げ、「彼らは団体より個別行動を取り、穴場を好み、ストーリー性を求める特徴がある。消費額も大きい」と分析し、「外国人観光客は今後も増えていく。観光客の消費額を増やすためには、これからはターゲットを絞って来てほしい客を誘致することが大事」と話した。

 グローバル層は英語が共通語だが、「これらの層も英語は第2言語。日本人も英語のコミュニケーション力に自信を持ってよい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!