10/06
2022
Thu
旧暦:9月11日 先勝 壬 
社会・全般
2019年11月22日(金)8:56

市の防災対策を学ぶ/JICAなど

カリブ海や大洋州の研修生


下地市長(右)が市の防災対策を説明した=21日、市役所平良庁舎

下地市長(右)が市の防災対策を説明した=21日、市役所平良庁舎

 島しょの総合防災について高知大学と国際協力機構沖縄センター(JICA沖縄)で学んでいる中米カリブ海や大洋州などの国々の研修生18人が21日、市役所平良庁舎を訪問し、市の防災対策について担当課から講義を受けた。講義前には下地敏彦市長が市の防災対策の概要を直接説明した。

 研修は島しょ国から防災担当行政官を招へいし、風水起因災害と地震・津波起因災害のリスクを緩和するために日本で講じられている防災対策ついて理解し自国の防災への応用について話し合い、帰国後、各国の防災対策のアクションプランを作ることを目的としている。

 下地市長は「島の防災は自己完結型でなければならないという課題がある。陸続きであれば支援が受けられるが島は時間がかかるため、島で完結できるような防災の体制を作らなければならない。宮古島市では防災計画を作り毎年訓練をしている。台風、津波の対策をやっている。宮古島には毎年5個から6個の台風が接近する。昔は木造家屋だったが現在はほとんどがコンクリート造りになっているため、住宅対策は必要がなくなってきている。現在、重要になっているのは農業で、地下ダム水を使った塩害対策を行っている。宮古島は高いところでも海抜100メートルという平たんな島なので津波対策施設を作った」などと説明した。

 研修生を代表してカリブ海にあるセントルシアから来たグスタブ・ドレイン・クリスティーンさんは「私たちは多くの危険にさらされるという共通点がある。日本の成功事例を学ぶためにやって来た。災害を克服してきた日本の長年の経験を学ぶことは各国の防災に利益をもたらすだろう。この貴重な経験で得た技能と知識を生かして尊い人命や国を守っていきたい」と感謝した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!