10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2019年11月23日(土)8:56

農作業事故ストップ/農機械士協支部

未然防止へパトロール


参加者でガンバロー三唱を行った後に出発した=22日、宮古農村青少年教育センター駐車場

参加者でガンバロー三唱を行った後に出発した=22日、宮古農村青少年教育センター駐車場

 近年、農作業事故が多発の傾向にあることから、県農業機械士協議会宮古支部(川満敏支部長)は22日、市内の一円で農作業安全パトロールを実施した。参加者約20人は、事故の未然防止に向け、サトウキビ生産者などに安全確保を徹底するよう呼び掛けた。

 11月は県が定めた「秋の農作業安全運動月間」。

 宮古支部によると、宮古島市では、2013年と16年に各70代、18年に80代のベテラン農業者によるトラクター作業死亡事故が発生している。

 市の18年度現在の農地総面積は前年度より442㌶増えて1万1931㌶。地域によってはほ場整備事業が行われていることから、今後も面積の拡大と機械化農業の進展が予想されている。

 宮古農村青少年教育センターの駐車場で出発式が行われた。「農作業事故ゼロ運動実施中」「農耕車走行多し!接触注意!」と書かれたのぼりを掲げた。

 川満支部長は「今回も宮古製糖地区、沖縄製糖地区の各地域を回って農作業の安全啓蒙(けいもう)を行っていきたい」と述べた。

 宮古農林水産振興センター農業改良普及課の名嘉真清美課長は「高齢化が進み、労働不足ということで農業機械化が推進されている。それによって農作業事故が多発している。事故を未然に防ぐということが重要です」と強調した。

 全員でガンバロー三唱を行った後、パトロール車両にのぼりを掲げ、各地域を巡った。

 参加者した1人は「農業機械に乗ってエンジンを掛けた場合、離れる際には必ずエンジンを止めることが大事」と注意を促した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!