02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
社会・全般
2019年11月28日(木)8:56

第2滑走路、3月26日始動/那覇空港

処理容量1・8倍に

 【那覇支社】国土交通省は26日、那覇空港の第2滑走路を来年3月26日から供用開始すると発表した。同省のホームページによると、赤羽一嘉国交相は26日の閣議後会見で「那覇空港が沖縄と国内外を結ぶ人流・物流の拠点としてさらに重要な役割を果たし、観光客の受け入れ拡大や利便性向上につながることを期待している」と語った。

 同省によると、第2滑走路を建設する「那覇空港滑走路増設工事」の総事業費は約2074億円。2014年1月に工事を開始し、現在までに滑走路本体の舗装工事が完了しているという。第2滑走路の長さは2700メートル。供用開始で那覇空港の滑走路処理容量は24万回となり、現在から1・8倍に拡大する。

 赤羽国交相は同日の会見で「第2滑走路の供用により定期便の増便や航空機の混雑・遅延の解消が見込まれる。観光客の受け入れ拡大や利便性向上につながると期待している」と強調した。

 また、観光庁を所管する立場として「那覇空港を含む地方空港への国際線の新規就航に合わせ、海外旅行会社やメディアの招請などを通じた魅力発信や、航空会社と連携したプロモーションなどに取り組み、沖縄への観光需要の喚起にしっかり努めていきたい」と述べた。

 玉城デニー知事も同日、「第2滑走路は、これまで国土交通省をはじめ那覇空港拡張整備促進連盟など関係者の皆さまのご支援とご協力で供用開始に至るもの。観光・物流産業など沖縄の発展に大きく寄与すると期待している」とのコメントを発表した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!