09/29
2022
Thu
旧暦:9月4日 赤口 乙 
教育・文化
2019年12月10日(火)8:55

仲間さん(西辺中2年)が落語披露/県中学校総合文化祭

「方言を発信継承する」


県中学校総合文化祭「舞台部門」で落語を披露する西辺中2年の仲間恒光さん=8日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール

県中学校総合文化祭「舞台部門」で落語を披露する西辺中2年の仲間恒光さん=8日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール

 【那覇支社】第25回県中学校総合文化祭(主催・県中学校文化連盟)は最終日の8日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホールで舞台部門2日目の発表を行った。方言パフォーマンスの宮古地区代表として仲間恒光さん(西辺中2年)が出場し、西原地区の言葉を使って落語「饅頭(まんじゅう)こわい」に挑戦した。発表後、仲間さんは「これからも方言を発信して、継承したい」と意気込みを語った。

 「饅頭こわい」は、暇な数名が集まって自分が怖いと思うものの話をすることから始まる。「饅頭が怖い」と言った男の部屋に他のメンバーが嫌がらせで大量の饅頭を投げ込むが、男はその饅頭を食べてしまい、実は男にだまされていたことに気が付くという有名な落語。

 仲間さんは、祖父母らに教えてもらったという「西原語」を流ちょうに使い、中学生になってから練習してきた演目を披露した。観客らは、舞台のスクリーンに表示される現代語訳と共に、落語を楽しんだ。

 発表終了後、仲間さんは「少し緊張したが、強調するところと、3人の登場人物に応じて話し方を変えるところはうまくできた」と笑顔を見せた。

 また、今後については「機会があればいろんな場所で落語を披露したい。新しい演目にも挑戦しようと思う」と、方言の継承に向け意欲を語った。

 沖縄市から来場していた佐久本邦華さん(47)は、仲間さんの落語を聞いて「身ぶり手ぶりを使って堂々と発表していた。改めて、方言を継承することは大切なことだと感じた」と感想を述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!