10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
政治・行政
2019年12月11日(水)9:00

使用料1300万円を提案/多良間村議会一般質問

新製糖工場で宮糖/村長「保留」、受け入れず


新製糖工場使用料問題について論戦を交わした村議会一般質問=10日、村議会議場

新製糖工場使用料問題について論戦を交わした村議会一般質問=10日、村議会議場

 【多良間】多良間村議会(森山実夫議長)の12月定例会は10日、一般質問が行われ、6氏が登壇し当局をただした。新製糖工場の使用料問題については4氏から質問が集中。村と宮古製糖の間で協議がまとまらず、使用料が決定していない状況で、宮糖は試算した約1300万円の支払いを提案。伊良皆光夫村長は「協議が完了するまでは保留してほしいと文書回答した」と述べ、提案を受け入れない方針を示した。

 村が示す使用料に工場用地借地料や工事の追加費用、弁護士費用が含まれていることに宮糖側は「負担する義務はない」と反発。これらの費用を控除した額を試算し、1278万円の支払いを村側に提案している。使用料を支払わないまま施設を使用することがコンプライアンスに違反するとして、来年3月末までに村の銀行口座に振り込むことを通知している。

 質問した村議からは「宮古製糖に肩代わりさせるのは筋違い」「村の工程管理に問題があった」などと村側の対応を厳しく批判した。

 水納島航路船の運用に関して豊見山正氏は、週1回程度の定期運航などを求める決議への回答を要求した。伊良皆村長は「事業内容に定期航路について一切触れていない。定期航路には現状では無理がある」と受け入れない姿勢を示した。

 福嶺常夫氏は害虫のツマジロクサヨトウの防除体制について質問。仲宗根春光産業経済課長は「農薬散布で駆除している。一斉防除期間を約3週間設けている。農家に伝わらなければ期間を延ばしたい」と回答した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!