10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2019年12月22日(日)8:57

子ども支援団体へ食品贈呈/JA共済など

74団体、640万円相当


子どもを支援する団体の仲本かなえさん(右から4人目)らに食料品等を贈呈したJA共済連沖縄の知念盛彦本部長(同2人目)や城辺出身の福里秀彦JAおきなわ代表理事専務(右)、玉城デニー知事(右から3人目)=20日、県庁

子どもを支援する団体の仲本かなえさん(右から4人目)らに食料品等を贈呈したJA共済連沖縄の知念盛彦本部長(同2人目)や城辺出身の福里秀彦JAおきなわ代表理事専務(右)、玉城デニー知事(右から3人目)=20日、県庁

 【那覇支社】JA共済(JA共済連沖縄、JAおきなわ)と沖縄子どもの未来県民会議(会長・玉城デニー知事)は20日、共同で県内74の子ども支援団体へ食料品総額640万円相当を寄贈した。食料品等の贈呈は、今年で4回目。

 県庁で行われた贈呈式で、玉城知事は「寄付金だけでなく、スポーツ観戦や食料品などの支援の輪が広がっている。地域のサポートがさらに充実し、子どもたちに喜んでもらえるよう引き続きお願いしたい」と、あいさつした。

 寄贈者を代表して、JA共済連沖縄の知念盛彦本部長は「沖縄は子ども貧困率が全国一高く、3人に1人の割合で子育て世代が厳しい環境で生活している。子どもたちの夢ある未来のために協力していきたい」と話した。

 JAおきなわの福里秀彦代表理事専務(城辺出身)も「食を預かっているわれわれが少しでも協力し、みなさんの要望に合わせて、少しでも良いものを提供していけたら」と気持ちを込めた。

 子ども支援団体を代表して、一般社団法人カナカナの仲本かなえさんは「365日子どもを預かると、ご飯やおやつが必要。朝ごはんのために、夜、自分たちでおにぎりを作るとそれだけでも喜ぶ。子どもたちには『多くの人たちに支えられて食べられるんだよ』と感謝の心を必ず伝えている」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!