10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
産業・経済
2019年12月24日(火)9:00

来年は300回超計画/平良港へのクルーズ船寄港

専用バースの整備着々


北防波堤沖に停泊するクルーズ船=19日、平良港

北防波堤沖に停泊するクルーズ船=19日、平良港

 平良港への外国クルーズ船の寄港が近年、急増している。来年も予約ベースで300回超の寄港が計画されており、年間を通してほぼ途切れることなくクルーズ船が訪れることになる。平良港沖では専用バースの整備が進んでおり、港の姿だけでなく、押し寄せる数千人規模の外国人観光客によって観光地や街の風景も様変わりしていく。

 平良港へのクルーズ船の寄港回数は2006年から15年前半まではほとんどなく、15年7月に10年ぶりに定期寄港が再開され、その後、大幅に増加している。15年に13回、16年に86回、17年は130回、18年にはさらに増えて143回だった。19年も150回程度を予定している。

 伴って乗客数も増え、15年が9372人、16年が12万5190人、17年が20万801人、18年が28万9236人で19年は30万人の大台に届くと見られている。

 18年の平良港への寄港回数は国内では博多、那覇、長崎、横浜に次いで5番目に多い。博多は279回、那覇は243回だった。

 船舶の大型化も進んでおり、平良港にも15万㌧級のワールド・ドリーム号が30回以上入港している。同船は全長が335㍍で乗客定員は3376人。1000人超の乗組員が乗っている。

 20年からはカーニバルコーポレーション&PLC(カーニバル社)が乗客定員3560人、乗組員1300人のマジェスティック・プリンセス号(14万3000㌧)を就航させる計画もある。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!