09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2020年1月7日(火)8:54

【行雲流水】(新年)

 年が明けると、空のたたずまいもうららかで、清新な感じになる。その中で人は希望を新たにする。そしていろいろな言葉が人を励ます

▼『生きる』(谷川俊太郎)。「-生きるとはあなたと手をつなぐこと/生きているということ/いまを生きているということ/それはミニスカート/それはプラネタリウム/それはヨハン・シュトラウス/それはピカソ/それはアルプス/すべての美しいものに出会うということ/そしてかくされた悪を注意深くこばむこと-」

▼AI(人工知能)がいよいよ幅を利かす時代になってくるが、人間はあくまでも生きもの。俳人の金子兜太は「残す言葉」で語っている。「もっと生きもの感覚を磨くことだ。もっと自由に、勝手に、平凡に生きればいい。アニミストとして、生きものを大事にしたい」。アニミズムは、金子みすゞや宮沢賢治のように、あらゆるものに生命を認める考え方である

▼スウェーデンの歳の少女グレタは国連気候変動枠組み会議(COP25)で温暖化対策への行動を呼びかける演説で述べている。「最も危険なのは政治や企業経営者が何もしていないのに、対策をしているふりをすることだ」。強欲な大人たちが「子どもたちを愛していると言いながら、子どもたちの未来を奪っている」

▼国連の事務総長は、厳しい状況ではあるが希望はある。若者たちの正義感と行動力だ、と述べている

▼「名曲アルバム」で若者たちがコーラスで『大地讃頌』を歌っていた-「母なる大地の懐に我ら人の子の喜びはある」。「平和な大地を、静かな大地を、大地を褒めよ、讃えよ土を、恩寵の豊かな大地を」。(空)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!