10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
政治・行政
2020年1月17日(金)8:58

ワクチン接種の計画策定へ/豚コレラ

来週にも対策会議


定例会見で発言する玉城デニー知事=16日、県庁

定例会見で発言する玉城デニー知事=16日、県庁

 【那覇支社】玉城デニー知事は16日、県庁で定例会見を開き、沖縄本島中部で確認が続いている豚コレラ(CSF)に対応するため、ワクチン接種のプログラム策定を農林水産部長に指示したと述べた。県は、「県CSF防疫対策関係者会議」の第1回会合を来週にも開く方向で調整を進めており、同会議でワクチン接種が決まった場合には早急に対応できる体制を整える。

 玉城知事は、ワクチン接種について「私自身は、(感染を)封じ込めるためには(発生場所から3㌔圏内や10㌔圏内といった場所から)やっていきたいと思う」と語った。

 一方、「ワクチンを打った安心感で防疫体制が損なわれる不安があることも事実」「さまざまな意見があるので、関係者が意見を一致させることが大事」とも述べ、同会議での議論を見守る考えを示した。

 江藤拓農相が提唱しているアグーの隔離については「貴重な資源なので守りたいと考えているが、アグー以外の豚を飼っている農家も多くいる。そういう方々の意見を拝聴しながら、どういう手だてを講じるべきかを関係者会議で慎重に話し合ってほしい」と述べるにとどめた。

 このほか、首里城正殿などが焼失した火災原因の特定状況を問われたのに対しては、「火災発生原因は、まだ警察や消防で調査中。原因が特定された後に、第三者委員会を設置して再発防止策を検討していきたい」と説明した。

 首里城周辺に観光客を呼び込むための方策としては「首里城公園利用区域の拡大やライトアップなどを国などと取り組んでいる」と述べたほか、「プロジェクションマッピングによる誘客イベントや火災で破損した瓦などの利活用に向けた取り組みについても、いろいろな意見が寄せられている。そういうことにも鋭意取り組んでいきたい」と強調した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!