06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
スポーツ
2011年1月8日(土)9:00

渋井選手ら走り込み/三井住友海上陸上部

5年連続の宮古島合宿

合宿で来島し連日、走り込みを行っている渋井選手(左)ら三井住友海上女子陸上競技部のメンバー=7日、平良西里通り

合宿で来島し連日、走り込みを行っている渋井選手(左)ら三井住友海上女子陸上競技部のメンバー=7日、平良西里通り

 三井住友海上女子陸上競技部のメンバーが、宮古島合宿のため来島している。女子1万㍍の日本記録保持者、渋井陽子選手らが参加。主にロードを中心に走り込みを行っている。渡辺重治監督は「温暖な気候で練習環境がとても良い。しっかり鍛え故障者が出ない1年にしたい」と話した。


 宮古島合宿は5年連続で、選手、スタッフらは昨年12月30日に来島した。
 今年の合宿は、全国都道府県対抗女子駅伝(16日、4選手出場)、大阪国際女子マラソン(30日、大平美樹選手出場)へ照準を合わせた調整や、各選手の体力づくりが重点。出産後初の合宿となった土佐礼子選手は7日に切り上げた。一部選手を除き19日まで滞在する。
 渋井選手は、連日20~40㌔の走り込みでマラソンに向けての体づくりを行っている。「日々感謝の気持ちを持って練習に臨みたい。天気が回復してくれれば」と話した。
 入部1年目で初の宮古島合宿に参加した水竹理愛選手は「海やサトウキビ畑を見ながら走るのは初めて。今年は実業団対抗駅伝のメンバーに選ばれるよう頑張りたい」と抱負を語った。
 連覇を狙った昨年の全日本実業団対抗女子駅伝では5位に終わった。渡辺監督は「故障者も多く妥当な成績。渋井がリーダーシップを取り、山下(郁代)や高吉(理恵)ら中堅がけが無く継続した練習を積めばチーム全体の底上げになる」と話した。



カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!